ストップレベル

新しくなったFXBeyondのストップレベルについて解説

このサイトでは、海外FX業者のFXBeyondのストップレベルついて内容を紹介しています。海外FX業者を利用するときに、ストップレベルを確認しておくことで取引をスムーズに進めることができるでしょう。

「ストップレベルとは?」「FXBeyondのストップレベル設定は?」などを、いろいな疑問を感じることもあるでしょう。普段、海外FX業者を利用している私が感じたFXBeyondのストップレベルについて解説しましょう。

FXBeyondストップレベルとは

まずは、ストップレベルについて知っておきたい人もいるでしょう。ストップレベルはポジションの売買を行うときに、最低限現在の価格から離れている必要がある価格差のことです。

取引をするときに価格差が無ければ注文することができないため、ストップレベルの高いなら、その分価格差は大きく開いておく必要があります。

ストップレベルは各FX業者が独自に設定しており、それぞれ違った値になっています。

そのため、自分が利用する業者によってストップレベルを確認しておかないと、利トレードが思うようにできないことも考えられます。海外のストップレベルは高い傾向にあるため、FXBeyondに関してもしっかり確認しておく重要性が分かると思います。

ストップレベルのメリットとデメリットとは?

FXでトレードをする際に大事になってくるストップレベルなので、メリットとデメリットについて確認しておくようにしましょう。以下の項目で紹介していきます。14、5

ストップレベルが狭いと利確しやすい

ストップレベルが狭いなら狭い幅で利益を確定しやすいです。例えば、1pipsと2pipsの幅設定となっているなら、1pipsの方がより多くの利益を狙うことができます。

取引を何度も繰り返して利益を狙うスキャンピングで利益を狙うトレーダーなら、ストップレベルが低いことでトレード利益を得る機会が多いということです。

小さい値幅でトレードしたい方も、ストップレベルが低いことで利用しやすいため、FXBeyondで取引を考えているトレーダーは確認しておくことようにしましょう。

指値・逆指値の注文レートが制限される

ストップレベルが設定されているなら、レート注文が制限されます。

ストップレベルがある場合、トレードするためには価格差が必要なので、設定が高くされているならその分大きな差が必要です。

例えば、10.8pipsで設定されているなら、この価格より高い差が無ければならず、10.7では注文が行えません。◯pips動いたときにエントリーしたいなら、レートの動きを確認しておく必要があります。

ストップレベルの価格差によって指値と逆指値の注文が行いにくくなるため、FXBeyondでトレードする際も「思うように行えない可能性がある」と認識しておきましょう。

トレーリングストップ注文ができない

トレードをするときにMT4を利用する方もおられるでしょう。海外FXではMT4を用いてトレーリングストップを用いて注文することができるからです。

しかし、トレーリングストップ機能はトレールの値幅がストップレベルより下であれば設定することができません。

つまり、通貨ペアの価格差によっては注文設定として利用できず、MT4を存分に活用することが難しくなると思われます。MT4を用いてトレーリングストッを用いたい場合は、FXBeyondで設定されている通貨ペアのストップレベルを確認して、利用するようにしてくださいね。

EAの本来の能力が制限される

海外FX業者を利用してトレードするときは、EAを用いたい方もおられるでしょう。EAでトレードするなら、パフォーマンスを向上してよりえ利益を得やすくなりますね。しかし、ストップレベルが設定されているなら、値幅によって注文制限されます。

そのため、決済注文もストップレベルの値幅と差が無ければ動作しないため、スムーズな取引が困難です。

ストップレベルがあることでポジションを持つことができなかったり、狙ったレートでの注文ができなかったりするなら、EAで思った利益にならない可能性があります。

EAで利益を狙うトレーダーは、FXBeyondのストップレベルを確認しておくようにしてくださいね。

FXBeyondのストップレベルは?

海外FX業者を利用する際はストップレベルが設定されており、デメリットが多いことが分かったでしょう。では、FXBeyondのストップレベルは、どうなっているのか知っておきたい人もいるはずなので、解説していきましょう。

FXBeyondの全通貨ペアのストップレベルは変更されている

ストップレベがが広いFXBeyondですが、最近数値を変更したので、以前よりもトレードしやすくなったようです。以前のFXBeyondのストップレベルと変更後について簡単に表で比較してみましょう。

通貨ペア変更前変更後
EUR/USD4010
USD/JPY4010
GBP/JPY5020
EUR/GBP5020

FXBeyondのストップレベルの変更後を確認してみると、かなり数値が改善されたことが分かりますね。

以前のままだと40や50という数値でしたが、今では10や20という低いストップレベルになっているので注文しやすくなっています。

ストップレベルの数値が低いほど利益確定や注文を入れやすくなるため、FXBeyondでスムーズな取引が行える期待が高まりますね。

以前はストップレベルの高さからFXBeyondを敬遠していた方も、再度利用することを考えてみてください。

FX Beyondと他者との比較とは?

海外FX業者は複数あるため、それぞれのストップレベルについて確認しておくことも大事ですね。FXBeyond以のストップレベルを知っておくなら、トレードがスムーズに行える業者を選びやすくなります。以下の海外FX業者のストップレベルを紹介します。

FX業者ストップレベル
GEMFOREX20
XM0
HotForex20
Is6FX10
TitanFX0
BIGBOSS10
FXBeyond10

MT4でのストップレベルの確認方法

FXBeyondのストップレベルを確認したいなら、MT4での操作方法を理解しておくのがおすすめです。MT4を利して数値を確認しておくことで注文を入れやすくなるからです。

MT4でFXBeyondのストップレベルを確認するときは、確認したい通貨ペアの上で右クリックをして「仕様」を選択します。

すると通貨ペアの仕様について確認することができます。以下の画像を確認するとストップレベルという項目を確認できるはずです。ストップレベルの単位はポイントになっているので、pips変換して数値を出すようにしてください。

ちなみに、スマホで確認したい場合は「詳細」からストップレベルを確認することも可能です。スマホ対応されているなら覚えておくことができますね。

このように、ストップレベルをMT4で確認する方法はとても簡単です。FXBeyondで取引する際は通貨ペアの数値を確認して注文してください。

FX Beyondのストップレベルまとめ

トレードをするときは利用するなら、海外FX業者の特徴を知っておくことが大事です。FXBeyonで注文するときはストップレベルを確認しておく必要があります。

ストップレベルは以前ほど高くはないので、より有利な環境でトレードが可能になりました。

FXBeyondは注目されている業者なので、ストップレベルを確認してスムーズな取引を行ってみてください。

FXBeyondのボーナスキャンペーンについて徹底解説
【2022年最新情報】FXBeyondボーナスキャンペーンを徹底解説!知らなきゃ損する賢いボーナスの使い方現在開催されているFXBeyondの最新のボーナス情報を掲載!今回はFXBeyondのボーナスキャンペーンについて初心者でもわかりやすく解説していきたいと思います。...
FXbeyondの禁止トレードや出金拒否について解説
FXBeyondで出金拒否はある⁉口座凍結や出金拒否の原因と対策を徹底調査! アポロ FX業者を利用する上で気になるのは口座凍結や出金拒否ですよね。 海外FXを利用しているとよく口座凍結や出金拒否などの言...