取引ロット・ポジション

FXBeyondの最大取引ロット数は何lot?最大ポジション数は?口座毎にわかりやすく解説

FXBeyondについて「口座タイプ別の最大ロット数や最大ポジション数について知りたい」「ロットを上げて取引するメリット・デメリットを教えてほしい」など、疑問を持ってる方は多いのではないでしょうか。

取引を開始する前に最大ロット数やポジション数などを把握しておくことは大切です。自分に合ったFX業者か判断がしやすくなります。

ここでは、FXBeyondの口座タイプ別の最大ロット数やポジション数、ロットを上げて取引をするメリット・デメリットなどについても解説します。

fxbeyondの安全性を徹底調査
FXBeyondは本当に大丈夫?安全性を徹底調査2022年になって話題になってきた新興FX業者のFXBeyond(FXビヨンド)ですが、安全性を重視する私は、FXBeyondの安全性について気になる様々な疑問がありました。そこで今回はFXBeyondの安全性を徹底的に調査して、この記事にまとめていきたいと思います!...

FXBeyondの最大ロット数

FXBeyondの一度の注文で取引できる最大ロット数が100ロットです。まとまった金額で取引ができるため、わずかな値動きで多額の利益を狙うことが可能です。ここでは、FXBeyondの口座タイプ別の最大ロット数について見てみましょう。

口座タイプ別の最大ロット数

FXBeyondには「スタンダード口座」「ゼロスプレッド口座」「プロ口座」の3つの口座タイプがあります。口座タイプ別の最大ロット数は、次のとおりです。

口座タイプ最大ロット数
スタンダード口座100ロット
ゼロスプレッド口座100ロット
プロ口座100ロット

上記のとおり、FXBeyondはどの口座タイプを選択しても最大ロット数は100ロットです。FXBeyondは「1ロット=10万通貨」となるため、最大1,000万通貨で取引ができます。

どの口座タイプを選んでも、最大ロット数に違いがないことを覚えておきましょう。

最大保有ロット

一度の注文で取引できる最大ロット数は100ロットでしたが、複数のポジションを持っている際に保有できる最大保有ロットは何ロットでしょうか?

口座タイプ最大保有ロット数
スタンダード口座5000ロット
ゼロスプレッド口座5000ロット
プロ口座5000ロット

この最大保有ロットが低いFX業者で取引をしていると、たまに取引ができなくなってしまうことがありますが、FXBeyondの最大保有ロット数の5000ロットもあれば、基本的にはロットの上限で困ることはなさそうですね。

FXBeyondの口座タイプに付いてわかりやすく解説
【新口座タイプ公開!】FXBeyondの口座タイプ 迷ったらスタンダードがおすすめ! アポロ みなさんどうもこんにちは、アポロです。 最近FXBeyondで新しい口座タイプ「プロ口座」が公開され、スタンダード口座...

FXBeyondの最小ロット数

FXBeyondの最小ロット数は0.01ロットです。少額資金で取引を開始できますので「少ない手元資金で取引を始めたい」という方も安心です。

ここでは、FXBeyondの口座タイプ別の最小ロット数について見てみましょう。

口座タイプ別の最小ロット数

FXBeyondの口座タイプ別の最小ロット数は、次のとおりです。

口座タイプ最小ロット数
スタンダード口座0.01ロット
ゼロスプレッド口座0.01ロット
プロ口座0.01ロット

上記のとおり、FXBeyondはどの口座タイプも最小ロット数は0.01ロットです。1ロットが10万通貨になるため1,000通貨から取引が可能です。1,000通貨で取引ができるため、少額資金でFX取引をスタートすることができます。

FXBeyondの最大ポジション数

FXBeyondの最大ロット数・最小ロット数だけでなく、ポジション数についても把握しておきましょう。多くのポジションを持ち取引したい方にとっては大切なポイントです。

ここでは、FXBeyondの口座タイプ別の最大ポジション数について見てみましょう。

口座タイプ別の最大ポジション数

FXBeyondの口座タイプ別の最大ポジション数は、次のとおりです。

口座タイプ最大ポジション数
スタンダード口座50ポジション
ゼロスプレッド口座50ポジション
プロ口座50ポジション

上記のとおり、どの口座タイプを選択しても最大ポジション数は50です。多くのポジションを同時に保有することができます。「多数のポジションを保有してスワップポイントを狙いたい」「さまざまな通貨ペアを保有して為替差益を狙いたい」といった方も安心です。

最大ポジションの他社比較

FXBeyondと主な海外FX会社の最大ポジション比較は、次のとおりです。

FX会社最大ポジション数
FXBeyond50ポジション
GemForex30ポジション
IS630ポジション
XM200ポジション
FXGT100ポジション

上記のとおり、FXBeyondの最大ポジション数は50です。最大ポジション数が100~200のFX業者もありますね。ただ、100ポジションなど、誰もが多くのポジションを保有するわけではありません。10ポジション以下で取引をするトレーダーは多いので50ポジションあれば十分ですね。

FXBeyondでロットを上げて取引するメリット

FXBeyondでロット上げて取引をすることで、多額の為替差益が狙えるようになります。また、より多くのスワップポイントを獲得することが可能です。ロットを上げるメリットを知っておくことは、FX取引をするうえで大切です。

ここでは、FXBeyondでロットを上げて取引するメリットについて見ていきましょう。

わずかな値動きで多額の利益を狙える

FXBeyondでロットを上げて取引するメリットが、わずかな値動きで多額の利益を狙えることです。

たとえば、1ドル=100円のときに0.01ロット(1,000通貨)保有し、1ドル=101円のときに決済した場合の利益は1,000円です。しかし、同じ条件でもロット数が増えれば以下のように利益も多くなります。

  • 0.1ロット(1万通貨):利益1万円
  • 1ロット(10万通貨):利益10万円
  • 10ロット(100万通貨):利益100万円
  • 100ロット(1,000万通貨):利益1,000万円

このように、ロットを上げて取引することで多額の利益を狙うことが可能です。FXBeyondは、最大100ロットで取引ができます。

多くのスワップポイントを獲得できる

多くのスワップポイントを獲得できるようになるのも、FXBeyondでロットを上げて取引するメリットです。スワップポイントは2つの通貨の金利差のことです。金利差調整分とも呼ばれ、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を保有する場合にスワップポイントを受け取ることができます。

たとえば、2021年12月時点の日本の金利は−0.10%で、トルコの金利は14.0%です。そのため、日本円を売りトルコリラを買う場合は、金利差14.1%のスワップポイントを獲得できます。

2通貨の金利差がプラスであれば、ロット数が増えるほど多くのスワップポイントを得ることが可能です。

FXBeyondでロットを上げて取引するデメリット

FXBeyondでロットを上げて取引をすると、ロスカットの危険性が高くなるので注意してください。ロットを上げた取引はハイリスク・ハイリターンです。また、低金利通貨を保有するポジションだと、スワップポイントの支払いが生じます。

ここでは、FXBeyondでロットを上げて取引するデメリットについて見ていきましょう。

多額の損失が発生してロスカットの危険性が高くなる

FXBeyondでロットを上げて取引するデメリットは、ロスカットの危険性が高くなることです。ロットを上げるほどリターンとリスクは高くなります。わずかな値動きで多額の利益を得られるチャンスはありますが、多くの損失を抱えるリスクもあります。

多額の損失を抱えて証拠金維持率が一定水準を下回ると、ロスカットになり資産の大半を失うため注意が必要です。

ロットを上げてポジションを保有する場合は、ロスカットの危険性が高くなることを理解しておきましょう。

マイナススワップのときは日々支払いが発生する

スワップポイントは、金利が低い通貨を売って金利が高い通貨を保有することで発生します。金利差がプラスとなるため、ポジションを保有しているだけでコツコツとスワップポイントを稼ぐことが可能です。

ただし、金利が高い通貨を売って金利が低い通貨を買う場合は、金利差がマイナスとなるため、スワップポイントの支払いが生じます。ポジション保有期間中はスワップポイントを仕払い続けることになるので注意してください。

FXBeyondでロットを下げて取引するメリット

FXBeyondでロットを下げて取引をすると、少額資金で始められ、損失やロスカットリスクを抑えられます。

ロットを下げた取引にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

少額資金でスタートできる

FXBeyondでロットを下げて取引するメリットは、少額資金で始められることです。ロット数が増えるほど多くの証拠金が必要になります。

たとえば、0.01ロット(1,000通貨)であれば、数万円の資金で米ドル/円の取引が可能です。「少額資金でポジションを持ちたい」「初めてなので投資資金を抑えたい」といった方も安心です。

損失やロスカットリスクを低く抑えられる

同じ値動きでも、ロット数によって損失が変わります。

たとえば、1ドル=110円のときにポジションを持ち、1ドル=109円のときに損切りした場合のロット数に応じた損失額は、次のとおりです。

  • 0.01ロット(1,000通貨):損失1,000円
  • 0.1ロット(1万通貨):損失1万円
  • 1ロット(10万通貨):損失10万円
  • 10ロット(100万通貨):損失100万円
  • 100ロット(1,000万通貨):損失1,000万円

FXBeyondでロットを下げて取引することで、損失やロスカットリスクを抑えることが可能です。

FXBeyondでロットを下げて取引するデメリット

FXBeyondでロットを下げて取引するメリットに加え、デメリットも把握しておきましょう。

まとまった利益を得ることが難しい

ロットが下がるほどローリスク・ローリターンになります。多額の損失を抱えるリスクは減りますが、まとまった利益を得ることは難しくなります。FXBeyondでロットを下げるときは、まとまった利益を稼ぎづらくなることを覚えておきましょう。

スワップポイントは少ない

FXBeyondでロットを下げると、獲得できるスワップポイントも少なくなります。スワップポイント狙いで中長期でポジションを持つ場合は注意してください。

FXBeyondの最大ロット数&最大ポジション数のまとめ

ここでは、FXBeyondの口座タイプ別の最大ロット数やポジション数、ロットを上げて取引をするメリット・デメリットなどについて解説しました。

FXBeyondは口座タイプが3つあり、どの口座タイプを選んでも最大ロット数は100、最小ロット数は0.01、最大ポジション数は50です。

FXBeyondでの取引を考えている方は、早速口座開設をして取引を始めてみましょう。

FXBeyondのボーナスキャンペーンについて徹底解説
【2022年最新情報】FXBeyondボーナスキャンペーンを徹底解説!知らなきゃ損する賢いボーナスの使い方現在開催されているFXBeyondの最新のボーナス情報を掲載!今回はFXBeyondのボーナスキャンペーンについて初心者でもわかりやすく解説していきたいと思います。...